| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Oh God, This is Plague of War

ohgodthisisplagueofwar

さて、邦楽インディーズシーンにひょっこり良バンドが現れたので、紹介します。
結成して間もないにもかかわらずかなり注目されているバンドなので、ご存知の方も多いかもしれません。


Oh God, This is Plague of War

です。
神戸発のスクリーモバンドで、平均年齢は約18歳と非常に若いです。
サウンドは、Attack Attack ! などを筆頭に最近流行っている、従来のスクリーモサウンドにエレクトロな要素を組み合わせたものです。
日本でもCrossfaithみたいなバンドが出てきたりと、こういったスタイルが流行っていますね。
myspaceで曲を聴きましたが、静と動のサウンドの切り替えがキッチリ出来ていて、いい感じです。
エレクトロな要素も全体的に満遍なく散りばめられており、なかなか上手くサウンドをまとめているのではないかと思います。
好印象です。
ただ少し気になったのが、エレクトロ要素がうまい具合にハマっている部分と、そうでない部分の差がハッキリ出てしまっているという点です。
ハマっているところは凄くハマっているのですが、そうでないところは、電子音だけが分離して奇妙な感じになっちゃっているんですよね。
あと、録音状況もあるのだろうけれど、ギターのキレがもう少し良ければ……とも思いました。

良いバンドになれる要素はたくさんあります。
今後、試行錯誤を繰り返してどこまでサウンドを昇華出来るかが、このバンドの力の見せ所ですね。

Attack Attack ! Motionless In Whiteなどのヘヴィなバンドから、 Of MachinesI See StarsThis Romantic Tragedyの様なバンドまで、邦楽だとCrossfaithFACT(最近)など、その手のバンドのファンなら要チェックです!

スポンサーサイト

| Oh God, This is Plague of War | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。