PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ピコリーモ/エレクトリーモが聴きたくなる時。

DJsonny

悲しい時ー!

……なんだけどね、言っちゃうと。順を追って書きます。

  * * * * * *

さて。
最近流行ってますね、エレクトロ要素を楽曲に取り入れるの。デスコアみたいな激しいジャンルでもやってるってんだから、単なる流行というよりは、時代の波と言った方がしっくり来るかもしれません。
そういう要素を取り入れる事によってどういうメリットが得られるのかというと、それはズバリ、「キャッチーさ」でしょう。
例えば、In Flamesです。彼らはシンセサイザーを取り入れて、キャッチーかつより洗練されたサウンドを作っていると思います。Only for the Weak(Clayman収録)のアルバム版ライヴ版を聴き比べてみてください。
シンセの強いライヴ版の方が、ノリが良くキャッチーだと感じませんか?
まあ、単に流行に乗っているだけのバンドもあるでしょうが、とにかく、そういう効果が得られます。
ちなみにここまで書いた事は、本題とはほとんど関係ありません。
ただ何となく書いてみただけっていう……。


で、ここから本題です。
個人的な話になりますが、僕はあんまりピコピコしたエモやらスクリーモやらメタルやらが好きじゃないんです。理由はよく分かりません。多分、好みの問題だと思います。だからといって否定するつもりは毛頭ありませんが。

でも時々、無性に聴きたくなる時があります。
それはどういう時か?


冒頭にも書いた通り、ズバリ、「悲しい時」です。


ピコピコでアゲアゲな音楽を、なぜ悲しい時に聴きたくなるのか。
それはやっぱり、エモ要素が入っているからだと思います。

カルチャーとしてのエモを特徴付ける要素として、最も大きなものの一つに、「自虐」があります。
よく画像検索で引っかかったりするのはリストカットですが、その他にも、自分の心臓を引き抜いて異性に手渡している絵や、頭に銃をあてがっている画像などが多くヒットします。その事が、エモカルチャーにおいての自虐の――こう書くと語弊があるかもしれませんが――重要性を物語っています。

その自虐は、曲(歌詞)にも現れている様に思います。
ポップなメロディでも、歌っている内容は悲しい事だったりする、そういう事がエモを聴いているとよくあります。以前googleの画像検索で、腕にカミソリで“I'm fine”と刻んでいる画像を見つけましたが、正にエモとはその状態なんだと思います。

imfine

どう言えば良いのか分かりませんが、そのギャップに、そこはかと無いエモさを感じるんです。この感覚は、「エモさ」としか表現しようがありません。
哀愁、悲哀、もの悲しさ、色々な素晴らしい表現が日本語にはありますが、僕の語彙力が無いのか、どれをとってもしっくり来ないんです。
もしかすると、そういった表現を全てひっくるめた感覚が「エモい」という感覚なのかもしれません。

とにかく、エモさとは、落差です。
落差がデカいほど、エモさも大きくなります。比例関係にあるんです。

その落差が一番大きいと僕が感じる形態が、エレクトロ要素を前面フィーチャーした、Watchout! Theres GhostsやBreathe Carolinaの様なエモ/スクリーモなんです。
今はエレクトリーモだとかピコリーモだとかいう言葉もあるそうですが(上手い造語だと思います。英語ではどう言われているんでしょう?)、それに該当する音楽に、とてつもなく大きな落差を感じます。
特にクラブミュージックのテイストがある曲。

なぜか。
それは、クラブミュージックの事を、僕が個人的に「テンション上げて、踊って、楽しむもの」だと考えているからです。その辺りの音楽にはかなり疎いので、正しい事を言っている自信はありません。あくまでも僕個人の捉え方です。

踊って楽しむ音楽なのに、どこか哀愁を感じる。
みんなが踊り狂っている中、一人フロアを離れ、カウンターで飲んでいる。うじうじ悩んで、ひたすら悲観的になっている。
エレクトリーモを聴くと、そんな感覚に陥ります。(実際そんな事がありましたが、もう懲り懲りです)
それが、たまらなくエモいんです。


で、どうしてこんな記事をいきなり書いたかというと、数日前にちょっと色々ありましてね。「一人フロアを離れて飲んでいる」みたいな状況に陥ったんですよ、はい。
実際は適当に楽しく話していたのですが、なんだか僕は、常に上の空な感じでした。
お開きになって帰りの電車で何となくWatchout! Theres Ghostsを聴くと……エモいぜ、こんなにピコピコ系がエモかったとは……ってなって、そんでこんな記事を計画性も無く、勢いで書いてしまったわけなんです。
でもまあ、「こういう事考えてる奴もいるんだな」程度に流し読みしてもらえれば嬉しいです、はい。

以上。



という事で、右側に設置されているプレイリストを、メタルコア/デスコア系からエレクトリーモ系に変更しました。しばらくはこのままだと思います。

House vs. Hurricane、良いと思います。


ForfeitureForfeiture
(2008/08/04)
House vs. Hurricane

商品詳細を見る



スポンサーサイト

| 考察、特集、音楽的つぶやき、他 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/133-caaba567

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。