PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CDレビュー】Woe, Is Me-Number[s]【第三十回】

woe,ismenumbers

このところCDレビュー続きですね。
今回で第三十回目です。三十回目だけに、30 Seconds To Marsのアルバムをレビューしようなんて気の利いた事はしません、はい。キリの良い数字ですが、いつも通りに独断と偏見とやる気の無さたっぷりに、ダラッとレビューを書いてゆこうかと思います。
それではいってみましょう。CDレビュー第三十回目、今回はアルバムリリース前からKe$haのカヴァーで話題になっていたあのバンドの1stフルです。

Woe, Is Me-Number[s]


01.On Veiled Men
02.(&) Delinquents
03.Mannequin Religion
04.Keep Your Enemies Close
05.Hell, Or High Water
06.For The Likes Of You
07.I.
08.Our Number(s)
09.If Not, For Ourselves
10.Desolate (The Conductor)

label:Rise Records


アトランタ出身の無駄に人数の多い流行のシンセフィーチャーバンドです。7人もいます。Gt.×2にBa.×1、それにDr/Prog.×1、Syn/Key/Vo.×1とClean×1、Scream×1で計7人。 ドラムの奴がプログラミングでシンセ担当の分まで打ち込みやって人数減らせばいいのに。あと、ヴォーカルは一人でスクリームとクリーン両方やるとか。
とにかく、人数が多いバンドって何か嫌です。
しかし作ってる音楽がカッコよすぎるから困る!
とにかくカッコいいです。息をつく暇も無く次から次へと良曲が鼓膜を振わし、気付けばあっという間にアルバム一周、なんて事になってます。曲と曲の繋ぎが上手く、どこまでが前の曲でどこからが次の曲なのか分からないくらい。まるで全体が一つの壮大な曲の様です。

ジャケットから連想される様なダークで凶暴だけれど、どこかミステリアスでキレイなところがある音を出すバンドです。
重たく攻撃的でメタリックなギターとスクリームが激しいドラムの上で暴れまわるメタルコアサウンドを基調に、大胆に導入されたシンセとプログラミングが曲をより壮大に仕立て上げています。

それからこのバンドには、これ無しではWoe, Is Meではないというほどに重要かつ一番大きな特徴の一つでもある要素があります。
クリーンヴォーカルです。
とにかくクリーンが気持ち良い! もうマジで絶品。そこらの謳い文句に書かれているような「気持ち良いクリーン」とはホントにわけが違います。嘘だと思う人は今すぐmyspaceへ行って試聴してみて下さい。
これでもかと言うほどにセンスフルで気持ち良いメロディを、艶と伸びのある艶やかな声でしっとりと、歌心たっぷりに歌い上げてくれています。これだけセンスのある歌メロが考え付くなら、いっその事全部クリーンにしちゃえばいいのに、なんて思ってしまうほどです。クリーンが上手すぎて、聴いているうちにスクリームがどうでもよくなります。
誰のヴォーカルスタイルに似ているかっていうと、EmarosaのJonny Craig。このバンドのクリーン担当は、間違いなく彼から多大な影響を受けていると断言できます。現に、M-8とM-10にはJonnyがゲストヴォーカルとして参加しています。けれども歌いまわしと声質があまりに似すぎていて、普通に聴いていたのでは区別が付かないほど。
ここまでクリーンが良いバンドに出会ったのはホント久々です。初期SaosinやSecret and Whisper、Jonny時代のDance Gavin Dance、Of Machinesなどを知った時と同じくらいの衝撃です。
ヤバイ。こんな陳腐な言葉は使いたくないけれど、でもこれしか表現が思い付かない。このバンドのクリーンはマジでヤバイ。

何だか長くなってしまったので、この辺で終わりにしたいと思いますが、とにかくクリーンを聴くだけのためにアルバムを買う価値は十分にあると思います。
The Devil Wears Prada、We Came As Romans、The Word Alive、Motionless In White、Emarosa(初期)、House Vs. Hurricaneなど好きにオススメですが、クリーンの質を考えれば、Dance Gavin Dance(Jonny Craig在籍時)、現Emarosaなど好きにもオススメ出来る一枚です。




ライヴでも結構ちゃんと声出てるのがスゴイ。
でもドラムなんか下手だな……。バンドで一番お洒落なくせに。関係ないか。

Woe, Is Me myspace→http://www.myspace.com/woeisme



NumbersNumbers
(2010/08/31)
Woe Is Me

商品詳細を見る


スポンサーサイト

| CDレビュー | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/318-6b75a5fc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。