PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

英語詞と日本語詞について個人的に思うところを記事にしてみた。【Sonny Moore-Kai Sui(Mora Japanese Edition)】

sonny moore

ex.From First To LastのVo.Sonny Mooreがソロプロジェクトでちょっと前にリリースしたアルバムに収録の“Mora”という曲をご存知でしょうか? 
youtubeの公式動画が貼り付け無効になっているのでリンク貼っておきます。こちらからどうぞ。
えっと、ちょっと熱心なファンの方なら知っていたと思いますが、実は日本語版があるんですね。ちょっと前にmyspaceにも公開されていましたけど。
まあ面白いので紹介しようかなという感じで記事を書いてみましたよ、はい。
以下、続きを読む(read more)からどうぞ。






君の場所 銀製の翼広げ
踏み出す 少しだけ持ち込んだcold
父さんが捨てた様に僕を捨てる
君は飢えたピラニアの様な人々になるだろ

その海を飲み込む
そしてその辛さを感じる
吐き出す 君の膝に
始まりを思い出さないか?
本当の自分を捨てる前
底に沈んでゆく

口をつぐむ黒いsecret
乾いた沈黙と共にゆく
栄光のおとぎ話に横たわる
汚れた手の間、冷たい無情

kiss your son, now kiss your bible
見せられた君を信じない

その海を飲み込む
そしてその辛さを感じる
吐き出す 君の膝に
始まりを思い出さないか?
本当の自分を捨てる前
底に沈んでゆく

You're sinking
You're sinking

その海を飲み込む
そしてその辛さを感じる
吐き出す 君の膝に
始まりを思い出さないか?
本当の自分を捨てる前
底に沈んでゆく

本当の自分を捨てる前
底に沈んでゆく



歌詞はこんな感じです。
で、なんで紹介しようかと思ったかって?
それはですね

英語で歌えばカッコいいってもんじゃねぇんですよ。

という事を言いたかったからです。
最近日本でもエモやらスクリーモやらメタルコアやらといった音楽のシーンが徐々に盛り上がって熱を帯びてきています。非常に嬉しい事です。けれども僕が日本のそういうバンドを聴いていていつも思うのは、「なんか英語がカッコいいと思ってね?」って事なんです。非常に個人的な考えで申し訳ないのは重々承知の上なのですが。
何と言うか、少し無理をして英語を使っているバンドがそこそこの数いるなあという印象が僕の中にあります。メンバーの中に一人、英語が分かるやつがいて、英語歌詞はそいつに頼りっきりで、ヴォーカルはろくな発音も出来ずにオートチューンやスクリームで誤魔化すバンドがよく目に付きます。
でも曲はカッコいいんです。
確かに英語の方がフィットする曲調というのはあるかもしれません。けれども日本語でだってカッコいい事が出来るはずです。今回紹介したSonnyの曲だって、元は英語ですが、彼自身が日本語で歌い直したバージョンもちゃんとカッコいいじゃないですか(いや、カッコいいと思わなかったらすみません……)。

えっと、長くなると途中で読むのをやめられちゃうかもしれないのでここら辺で結論を出しておくと、結局僕が言いたいのは「英語に頼るな」って事です。
日本語でもカッコいい事が必ず出来ます。
日本語を世界で一番上手に扱える日本人が、その日本語でカッコいい事をしないで、一体誰がするんです?
日本人じゃないSonnyだって、日本語を使ってめちゃくちゃカッコいい曲歌ってます。ネイティブスピーカーである我々に出来ないわけがないじゃないですか。
今まで日本語を何年間、聞き、喋り、書き、読んできたのかを考えてみてください。それだけ長い間日本語に接してきて、日本語をカッコよくスタイリッシュに扱えないわけがないでしょう。せっかく日本語が上手なんだから、もっと使うべきです。宝の持ち腐れはよくありません。


みたいな感じで説教くさい事を言ってみたいお年頃だから、あんまりシリアスに受け取らないでほしいです、はい。ガキの戯言だと思って軽ーく受け流して下さいね。
スポンサーサイト

| 考察、特集、音楽的つぶやき、他 | 17:48 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

>日本語を世界で一番上手に扱える日本人が、その日本語でカッコいい事をしないで、一体誰がするんです?

素晴らしいです。
折角カッコいい音楽やってるのに肝心のボーカルがダセェ似非英語でガッカリ…ってことがここ最近続いておりましたので、妙に感動してしまいました。

| 通りすがり | 2010/10/17 18:29 | URL |

>>通りすがり さん
やっぱり無理をした英語はちょっとださいですよね……。ネイティブレベルで喋れたりする人なら歌詞が英語なのも分かりますが(英語の方が日本語よりも喋れる、って日本人もいますからね)。音楽がカッコいいから、わざわざ英語でかっこつけなくても、もっと自信を持てばいいのにと思います。

僕自身、周りにネイティブレベルの英語をペラペラッと簡単に話しちゃう人が多い環境に身を置いているので、そういう人達の存在が僕の中で「日本語にもちょっとは目を向けなきゃなー」という意識を作っているのかもしれません。そういうところからこの説教臭い記事が生まれたのかも、なんて思ってみたりです……。

| ふぃーるでぃ | 2010/10/21 22:05 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012/07/22 15:53 | |

Re: 質問です。

>>いち さん
恥ずかしながら、僕はネットでmp3を落としました。が、iTunesストアから1曲150円でダウンロードできますよ。

| ふぃーるでぃ | 2012/08/18 18:27 | URL |

生きた英語を使えないのに、歌だけ英語で歌うのは難しいですよね。
「ギリシャ人の漁師でなければ、ギリシャ漁師の帽子を被るべきではない」という言葉もあります。

でも、この論理で言うと、sonny(今ではskrillexですね)が日本語で歌を歌うのもいけないことになってはしまいませんか?

ともあれ、英語の下手な日本人ヴォーカルが多いのは同感です。
一体何が原因なのでしょうね。

興味深い記事をありがとうございました。

| ぴょん太 | 2012/12/16 04:12 | URL |

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2013/12/21 08:47 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/329-94f6abac

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。