PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CDレビュー】Chiodos-Illuminaudio【第三十二回】

chiodosilluminaudio

今日はハロウィンですね。という事でCDレビュー第三十二回目、今回はハロウィンが似合う音楽のバンドの新譜です。

Chiodos-Illuminaudio


01. Illuminaudio
02. Caves
03. Love Is A Cat From Hell
04. Modern Wolf Hair
05. Notes In Constellations
06. Scaremonger
07. His Story Repeats Itself
08. Let Us Burn One
09. Hey Zeus The Dungeon
10. Stratovolcano Mouth
11. Those Who Slay Together, Stay Together
12. Closed Eyes Still Look Forward

label:Equal Vision



カリスマVo.Craig Owens&ドラマーの脱退で一時はどうなる事かとファンの間で騒ぎになりましたが、このアルバムを聴けばそんなファンもホッと胸を撫で下ろす事間違いなしです。
新メンバーの加入により多少のフィーリングの変化は感じるものの、今までのChiodosのダークで少し切ない世界観はそのままに、さらにレベルアップしたように感じます。ただ、これまでのように超ハイトーンをヴォーカルに期待していた人は、ちょっと残念に思うかもしれません。随所にハイトーンがフィーチャーされているのですが、やはりCraigには及ばないなあと感じました。でも新Vo.の声も個人的には好きです。
でもそんな事がどうでもよくなるくらいに曲がカッコいい!!
メロもさることながら、スクリームがあるパートのカオス度がいままでのChiodosよりも増している気がします。ドラマーの激しいドラミングが結構影響していると思います。それから、プロデューサーがSuicide Silenceなどの激しめバンドを手がけている人だという事も手伝っているでしょう。
カオス成分が増してもそれをコントロールして曲を上手にまとめているところを見ると、流石はChiodosだなあと感心してしまいますね。
アルバムの流れについてですが、冒頭から一気にたたみかけてきます。M-1の静かなイントロから一気に不穏な空気へとなだれ込むM-2、そしてChiodos節全開 & Pierce The VeilのVicのゲストヴォーカル参加によりEqual Vision節全開のM-3。このコンボで確実にやられます。
特にM-3、曲中盤のベースラインの目立つハネたリズムは昇天必至です。

濃い霧の中をゆっくりと進む手漕ぎの小船がたどり着いた先で感じる不穏な空気。森を抜け、奥へ進んでゆくと、そこでは秘密の儀式が行われていた!!

みたいな妄想が膨らむアルバムです(意味分からなくてごめんなさい)。
今までのChiodosが好きだった人にはもちろん、Pierce The Veil、Protest The Hero、Akissforjerseyなど好きにもオススメです。




個人的にエモ/スクリーモ/ポストハードコア界で最もハロウィンが似合うと思っている曲の一つを。



オリジナルメンバーでのライヴ。Keyのお腹が……。



IlluminaudioIlluminaudio
(2010/10/05)
Chiodos

商品詳細を見る


スポンサーサイト

| CDレビュー | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/334-e6ece09b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。