PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CDレビュー】A Bullet For Pretty Boy-Revision:Revise【第三十四回】

abulletforprettyboy

さて、順調に更新が滞っております、日陰ぶろぐです。
最近私生活が忙しくて……とかいうわけじゃなくて、ただ単に色々あってもう精神的に死んじゃいそうだからブログの更新なんてしてる場合じゃねぇ!
みたいな感じで更新出来なかっただけです。人付き合いって難しい。

それはさておき、さっそくいつも通りユルッとダラッといきましょう。今回はテキサスの注目6人組みシンセフィーチャースクリーモ/メタルコアバンドの1stフルアルバムです。

A Bullet For Pretty Boy-Revision:Revise


01. The Deciever
02. Revision:Revise
03. Decisions
04. Patterns
05. Only Time Will Tell
06. Voices & Vessels
07. Tides
08. Windows
09. Vita Nova
10. I Will Destroy The Wisdom Of The Wise

label:Artery Recordings



テキサス出身6人組、今をときめくシンセフィーチャースクリーモ/メタルコアスタイルのバンド、その名もA Bullet For Pretty Boy。前作の自主制作盤の時から結構注目されていたみたいですが、僕のショボい情報網ではキャッチできませんでした。
まあそれはさておき、良いです、このアルバム。
シンセフィーチャーと書きましたが、ピコピコ系ではなくシンフォニックな感じで攻めてきます。We Came As RomansやThe Devil Wears Prada、The Word Aliveの様なシンセの使い方と書けばお分かりいただけるでしょうか。
曲はとにかく壮大でドラマチック。破壊力抜群のスクリームの合間に時折垣間見える哀愁を帯びたクリーンヴォーカル。この時点で気付いた方もおられるかもしれませんが(ホントにおられるのか?)、このバンド、ズバリ、当ブログが以前から勝手に作ってプッシュしているジャンル“世界の終わリーモ”なのです!

ホントに超ドラマチックでスケールのデカい曲ばかりです。ヘヴィなリフとマシンの様に冷徹で激しいツーバス、全てを打ち砕くかの様なスクリームが交差しあい、音の洪水となって耳の中へ勢い良く流れ込み、鼓膜を破裂寸前にまで震わせます。通勤、通学途中にipodで聴いていると、電車の窓から見える景色が、青空から一気に嵐の夜に変わり、津波が押し寄せ、隕石が降り注ぎ、地割れが起き、炎が上がり、人々が逃げ惑う、まるでこの世の終わりの様な景色に変わる事間違いなし!
会社や学校へ行くのを止め、コーナンや東急ハンズへ防災グッズを買いに行きたくなるでしょう。
……そんな音楽です。もう意味分かんねえ。

“2010年、マヤ暦の予言よりも2年早く世界を終わらせるのは、こいつらだ。
  聴け――これが世界の終わリーモの最終形だ。”


えー……またですが、勝手に考えたキャッチコピーです。相変わらずセンス無いなぁ。
The Devil Wears Prada、Emarosa(初期)、The Word Alive、Woe, Is Me、We Came As Romans、Motionless In White、In Fear And Faithなど好きにオススメです。その耳で、極上の世界の終わリーモを存分に味わって下さい。







Revision: ReviseRevision: Revise
(2010/11/09)
Bullet for Pretty Boy

商品詳細を見る


スポンサーサイト

| CDレビュー | 20:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/349-4d28f0d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。