PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CDレビュー】Ten After Two-Truth is...【第三十七回】

tenaftertwotruthis

このCDレビュー記事、もう百回くらい書いている様な気がしますが、実はまだ37回目なんですね。なんか、まだまだだなあという気がしてなりません。
徐々に書くのに慣れてきてはいるものの、まだ文章は拙いですし、表現力が思考に追いつきません。もっと日本語が上手に書けるようにならないと駄目ですね。
という事でCDレビュー第三十七回目、今回はScreamoでは珍しい、フロントマンが黒人の、あのバンドの1stフルです。

Ten After Two-Truth Is...


01. Yes
02. Before You Know It
03. Dead After Dallas
04. Satan's Slumber Party
05. Anxious
06. Well, Oh Well
07. Truth Is...
08. Interlude In D Minor
09. The Awe Song
10. A Sight At Sea
11. Believe Me

label:Rise Records



カリフォルニアはサクラメント出身の5人組Screamo。そういやうちの学校にカリフォルニアから編入生が二人ほど来ました。兄弟二人で、兄は低身長マッチョでちょっとチャラい性格してて、で、弟の方は見た目ガチEmo kidsです。けれどもScreamoとかはあまり好きじゃなくて、パンテラとかプリーストとかのメタル系が好きみたいです。趣味かすってるけど、あんまり話合わない……。仲良くなりたいんだけどね。
閑話休題。
このバンド、まずメンバーがみんな低年齢なんですね。20歳か19歳か忘れましたが、最年長のメンバーでそのくらいの歳だった気がします。恐るべし本場Screamoバンド。俺とxx歳しか違わないじゃん。
で、肝心の曲の方はというと、ぶっちゃけて言ってしまうと良くも悪くも、オーソドックスなスクリーモ。けれども一度聴けば分かると思いますが、確実に光るものを持っています。ただ、その潜在能力が発揮されている曲とそうでない曲の差が激しいんです。そこが唯一の欠点な気がします。
アルバム全体の流れとしては、M-1でテンションを上げてM-2で一気にエモくするというアプローチが個人的にかなりツボです。そこからは結構同じ調子の曲が続いて少しだれてしまうのですが、終盤のM-10、M-11で巻き返し、聴き終えた後には結構な満足感が残ると思います。
また、一番の聴き所は、何と言ってもM-2.Before You Know Itでしょう。最近のバンドでこんなエモい曲を作るスクリーモバンドがいた事に驚きです。クリーンヴォーカルに比重を置いた歌、哀愁を帯びたメロディ、勢いが良く力強い展開の中にも、聴く者の心の奥にそっと触れ、積もった埃をそっと払う様な優しさが感じられる、極上のスクリーモソングに仕上がっています。
正直、この曲のためだけにアルバムを買っても損は無いくらいに良い曲です。このバンドの全ての良さが、M-2に詰まっています。
その他には、M-6、M-10辺りが良曲でしょうか。

似たり寄ったりのバンドが多いRise Recordsですが、今回は良いバンドを見つけたみたいですね。このバンドのこれからが楽しみでなりません。Underoath、Our Last Night、We Are Defiance、Broadway、Confideなど好きにはオススメです。また、M-2は全てのスクリーモ好き必聴です!











Truth IsTruth Is
(2011/03/29)
Ten After Two

商品詳細を見る


スポンサーサイト

| CDレビュー | 15:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/386-9c2cbb87

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。