PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デスコアに関するちょっとした考察。

deathcorepop

思ったより早く復活できたっぽい。

さて、今回の記事はデスコアについて。書く事が無いので、流行っている音楽の事でも書いてお茶を濁そうという魂胆なわけですね、はい。

いやー、流行ってますね、デスコア。
Bring me the horizonだとかSuicide Silenceだとかね。他にもいっぱい。
……まあこの二バンドは顔ファンも多いですけどね。BMTHなんかは顔ファンの方が多いし。

つーかデスコアみたいなやかましい音楽が若者の間で流行るなんて、正直思いもしなかったです。軽くビックリしていますが、まあ分からなくもないです。
デスコアバンドって比較的若い人達で構成されている事が多い(というイメージを個人的に持ってるんだけど)のですが、そういった年齢の低さが手伝ってか、全然「臭い重さ」が感じられないんですよね。
むしろ従来のメタルよりも騒々しくて重苦しい音楽性なのですが、にもかかわらず「爽やかさ」が溢れているんですよ。
メタラーの方なら聴けば分かると思います。「あー、若ぇなあ」って。
自分自身若いので、そういう「若さ」に敏感なだけなのかもしれませんが。

で、このデスコアというジャンル、メタルコアから派生したもので、結構新しいジャンルです。
メタルコア自体が歴史の浅いジャンルなので、そこから派生したとなると、それはもうめちゃくちゃ新しいわけです。生まれたてなわけです。フレッシュなわけです。そしてホットなわけです。
一見良い事の様に見えますが、そうでもないんですよね。
「新しい」そして「流行っている、もてはやされている」
この二点が揃うと起こる事、それは、「一過性の流行に成り下がってしまう」という事です。
Kornのブレイクを皮切りに起こった、かつてのニューメタル、ヘヴィロックのブームの様に。
なぜそういう事が起こるのかというと、流行った事により、ブームに乗っかった後追いのバンドがたくさん出てきて、同じ様な音楽性のバンドが巷に溢れかえっちゃうわけですね。
それでみんなから飽きられちゃうわけです。
スクリーモなんかも結構そんな感じになってきています。何とか生き続けてほしいんですけどね……。

さて、デスコアの音楽性について。
ちょい前くらいのburrnにデスコアの音楽性についての特集が組まれていたのですが、生憎そのburrnは買わずに立ち読みで済ませてしまってしたので、何月号なのか分かりません。
買っときゃよかった……。
まあいいや。そのburrn持ってる人はそれ読んで下さいな。
ここでは僕個人の勝手な偏見と先入観による音楽性の解説をしたいと思います。
先述した通り、デスコアはメタルコアから派生したジャンルです。なので当然メタルコアが基盤になっています。
メタルコアがどうやって確立されたジャンルなのかは意見が分かれるところなのでひとまず置いておきますが、文字通り
Metal+Core
つまり、ヘヴィメタルとハードコアの要素が合わさったものです。
ダウンチューニングされたギターでリフを刻み、ベースがそれにユニゾンし、ツーバスでドコドコやって、ヴォーカルが叫ぶ。それがまあメタルコアのステレオタイプなわけですが、ソロがないバンドが多いです。(もちろん、ソロを弾くバンドも最近は結構あります)そういうテクニカルな部分を排除して簡潔にした点が、ハードコア的、もっと言えば、パンク的なんだと思います。
ところで、メタルコアとデスコアを聴き比べてみて個人的に思った事が一つ。
メタルコアは、メロディアスなパートがあったり、哀愁たっぷりの曲があったりと、ややメタル成分が多めに残っているんですね。
対してデスコアは、メタルコアよりもノリ重視なんです。
言ってみりゃ、頭が振りやすくて、そんでもって落とすところは確実に落とした、わかりやすいモッシュパートがあるという事です。
以上の点から言えることは、デスコアの方がよりシンプルになったという事です。
言ってみれば、よりハードコア成分が多め、つまりは「パンク的」なノリになったんですね。

以上の点から音楽性の結論を出すと

デスコア=よりパンク的なメタルコア

と言えます。
まあ、個人的な見解ですけどね。でもジャンルなんてそんなもんです。
そもそも、キッチリとした定義を各ジャンルに求める姿勢は間違っています。
これはメタルコアだ。いや、メタルコアっぽいスクリーモだ。いやいや、お前ら何いってんの。これはデスコアだよ。
みたいな馬鹿らしい議論に繋がりますからね。
いや、こんなアホみたいなのは議論とは呼べません。頑固者のケンカです。

……とか分かった様な事を書いて、自分を正当化してみたり。
以上、デスコアについて自分の思うところでした。
考察でも何でもねぇや。
スポンサーサイト

| 考察、特集、音楽的つぶやき、他 | 15:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

BMTH好きです(・∀・)
あ,顔ファンじゃないですけどw

| ドMなゆとり | 2009/09/23 00:38 | URL |

>ドMなゆとり さん
僕も好きです。そして同じく顔ファンじゃありませんww
あの人らは最近けっこう聴きやすくなりましたよね。

| ふぃーるでぃ | 2009/09/23 01:49 | URL |

そうですねー。ここまで細かくジャンル分けする必要性なくねって思ったりします。自分じゃあ、バンドの説明見るまでデスメタル、メロデス、グラインドコアとかそれからさらに枝分かれしているジャンルの区別がほとんどつきません。Emoと同じぐらい曖昧な気がします...

| Screamoboi | 2009/09/23 05:35 | URL |

>Screamoboi  さん
ですよねー。
なんかジャンル分けはバンドの説明が全て、みたいな感じです。
おっしゃる通り、emoも曖昧ですね。もはやジャンルとして機能しているのかどうか……。

| ふぃーるでぃ | 2009/09/23 15:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://scream24h.blog93.fc2.com/tb.php/61-679881a5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。