≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【第二回】雨の日、深夜に聴きたい一曲【いよいよ梅雨入り】

koyaps

さて使い回し企画の第二回目です。いよいよ梅雨入りという事で、このシリーズの更新頻度も高くなると思います。

今回は、個人がある曲をアコースティックカバーして、Youtubeにアップした曲です。これがまた、雨の日や深夜の空気感に絶妙にマッチするんですね。聴いてみてください。



ご存知Underoathの"Too Bright To See Too Loud To Hear"です。
バンドの中心人物であるカリスマドラムヴォーカルのAaron在籍時の最後のアルバムである、"Lost In The Sound Of Separation"に収録されている一曲ですね。原曲の方も静かな感じですが、後半は楽器隊の音の洪水とSpencerの力強いスクリーム、そしてその中にキラリと輝くAaronのクリーンヴォイスが絡み合って、カタルシスを感じさせる展開になっています。



ビデオの、少しダークで童話チックな世界観も好きです。後半に入る実写的なパートも際立っています。
ちなみにこの曲は歌詞も印象的ですので、貼っておきます。

***

Good God, if your song leaves our lips
If your work leaves our hands
Then we will be wanderers and vagabonds

They will stare and say how empty we are
How the freedom we had turned us up as dead men

Let us be cold, make us weak
Let us, because we all have ears
Let us, because we all have eyes
Good God

How they knew that this would happen
They knew they knew that this would
How they knew that this would happen
They knew they knew that this would
How they knew that this would happen
They knew they knew that this would
How they knew that this would happen
They knew they knew that this would
(We're so run down)

Good God! Can you still get us home,(x6)
Still get us home

How can we still get home
I'm not dreaming
We're forgetting our forgiveness

***

Underoathがクリスチャンバンドであるという事はあまりにも有名ですが、この曲の歌詞もクリスチャン色の濃いものになっています。ただ、あんまり押し付けがましくないのが良いですよね。他人に対して「神の教えはスゲェんだぜ!」って言っているよりかは、どちらかというと悩み、自問している様な感じに近い様な気がします。その内省的な感じの歌詞が、EmoやScreamoが好きな人達の共感を呼びやすいのかも……と勝手に考えてみたりしています。

まあとにかく、色々考えても、考えなくても、良い曲に変わりはありませんね。原曲も、今回紹介したアコースティックカバーも、どちらも雨の日や深夜にピッタリの曲なので、是非そういう時に聴いてみてくださいね。


あ、ちなみにこれは余談なのですが、記事のトップに貼ってある画像は僕が撮ったものです。
あいぽんの写真加工アプリとかInstagramって、なんか妙にハマりません?




Lost in the Sound of SeparationLost in the Sound of Separation
(2008/08/08)
Underoath

商品詳細を見る

| 雨の日、深夜に聴きたい一曲 | 02:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

The Word Alive=Entirety(lyric video)

thewordalive

カリスマヴォーカリストTyler Telle Smithを擁する、テクニカル系メタルコアのThe Word Aliveが新曲Entiretyのリリックビデオをアップしました。



TWA節を損なわず、その上で進化も感じられますね。個人的には、キラーチューンとまではゆかなくとも、なかなか新しいTWAの側面あ見える良い曲だと思います。
アルバムには恐らく今回も超名曲の”2012”の様なキラーチューンが収録されていることでしょう!
期待して待ちましょう。

| The Word Alive | 02:28 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Sleeping With Sirens-James Dean & Audrey Hepburn (Acoustic EP)

sleepingwithsirens

一体今日はどうしたんだろう。
更新しまくりですね。毎週2日くらいこんな感じだといいんですけど、あいにくサボり性なもんで……。


もうずっとこのブログでも贔屓めに扱ってきた、僕の大好きな、大大大大好きなSleeping With SirensがアコースティックEPをリリースするそうで、それに先行して彼らの名曲"If I'm James Dean, You're Audrey Hepburn"のアコースティックカバーのリリックビデオがアップされました。



このアレンジは秀逸ですね。さすがSWSです。そしてやっぱりエモい。
個人的に、アコースティックアレンジがサマになる曲は良い曲だと思っています。SWSはそんな曲が多い気がするのですが、どうでしょう?
Copelandの、あれは確か1stアルバム"Beneath Medicine Tree"の日本版ライナーノーツで"アコースティックギターとピアノだけで演奏して良い曲だと思えたら、それは良い曲”みたいな感じのことをボーカルが語っていましたが、その通りですね。

EPは6/26リリース予定です。
夜風を頬に感じながら、ロマンチックに、センチメンタルに、聴きたいですね。

| Sleeping With Sirens | 21:33 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Coldrain-No Escape(music video)

coldrain

正に飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長を続ける、日本屈指のヘヴィロックバンドColdrainが、バイオハザードのテーマソングにもなっている新曲"No Escape"のビデオをアップしました。



こ れ は す ご い !!

聴き終わった後、大きく縦に頷いてしまうこと必至です。それくらいリスナーを満足させる曲に仕上がっています。
また、彼らの新EPのメイキング映像もあがっているので貼っておきます。全部で22分と、見応えバッチリです!!



こういうロードムービーみたいなのは大好きです。
ってか、冒頭1:30くらいにでてきてMasatoとハグしているのはもしや……Pierce The VeilのVicか!?

すげぇ……。

| Coldrain | 21:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

While She Sleeps=Dead Behind The Eyes(music video)

whileshesleeps

MMIに続きもう一発メタルコアネタを。

ちょっと前までは、バンド名で画像検索をかけても洋モノのエロ画像しかでてこなかったWhile She Sleepsが、新曲”Dead Behind The Eyes”のビデオをアップしました。



さすがWSSですね!
そしてメンバーにも貫禄がでてきた気がします。ヴォーカルなんかは最初からカリスマチックな感じだったのに、更にそれに磨きがかかっている気がします。来日しないかなー。

ちなみにWSSが有名になったので、もうグーグル画像検索でwhile she sleepsと検索しても、エロ画像が一番上にあがってくる事はありません。残念ですやったね!


| While She Sleeps | 21:03 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。